パパママレイキ

薬いらず、病院いらずの安心子育て

*

どうして直伝レイキがいいの?

インターネットで「レイキ」と検索していただくと、たくさんの種類のレイキが出てきます。

○○レイキ、××霊気…、いろいろありすぎて、どれが良いのか、どこがどう違うのか分からなくなってしまいます。

実は、これらのレイキ、もともとは一つの流れからやってきたものです。

それが世界中に広まるなかで、それぞれの勝手な解釈や、国ごとの特色により、新しいものや余計なものが付属されたり、マニュアル化されたりして、枝葉が増えてしまいました。

もともとレイキは、日本では靈氣(霊気)と書かれていました。
そしてその靈氣エネルギーを発見されたのは、臼井甕男(うすいみかお)さんという方です。

臼井甕男

靈氣 生みの親 臼井甕男(うすいみかお)先生 1865-1926

僕がお伝えする直伝レイキ(直傳靈氣)は、臼井さんが行っていた靈氣療法と、臼井さんの直弟子である林忠次朗さんの行っていた靈氣療法を、ほぼそのままの形で受け継いでいるものです。

直伝されてきた霊気ということで、直傳靈氣と呼んでいます。

林忠次朗

臼井先生最後の直弟子 林忠次朗 先生 1879-1940

この直傳靈氣は、臼井さんや林さんが活躍されていた当時のままですので、心身を治療し健康にするための手法になります。

ですので、リラクゼーションが主な目的になってしまった他のレイキとは、全く違う強さのエネルギーが流れます。

僕自身も、直傳靈氣を習得する以前に、他のレイキを習っていたのですが、あまり強いパワーを感じませんでした。

ですのでその後何年も、レイキをすることはありませんでした。

そんな状態でしたので、直傳靈氣を初めて体験したとき、その感覚の強さや効果の高さに、とても驚きました。

直傳靈氣は、一度身につければ、一生使える手法ですし、一家に一人でも使える人がいたら、いざという時のために、とても安心感が得られます。

実際、我が家では、薬やサプリメントを必要とすることもありませんし、ちょっとした熱や咳などは、霊気ですぐにおさまっています。

少し体調が悪い程度でいちいち病院に行ったり、薬を飲んだりしなくてもよいので、薬の副作用を気にする必要もありませんし、医療費もかかりません(^O^)

僕自身は、実は「尿管結石」になったことがあり、その時はあまりの痛みに救急車を呼びました。

痛みのために霊気をするどころではなかったので、あの時ばかりは、痛みどめの薬がこの世にあることに、本当に感謝しました(^^ゞ

ですが、いったんあの強い痛みが弱まって石が体外に出てしまえば、あとは霊気が大活躍。

その後、再発することもなく、痛みどめの薬も、最初だけしか必要ありませんでした。

我が家では、熱や咳のほかにも、軽い火傷、怪我など、すべて直傳靈氣を使ってきました。

こういった事は、子どもにはついてまわる事です。

だからできたら、世界中のパパやママに、直傳靈氣を身につけていただけたらと願っています。

 - レイキについて , , , , , ,